日産リーフの試乗する機会がありましたので、ほんのちょっとですが乗って来ました。

20120903 LEAF1まずは日産リーフの簡単な紹介です。
完全な電気自動車なのでCO2排出ゼロ。
プリウスなどとは異なりガソリンエンジンがないので、マフラーも着いてません。
今なら、国の補助金含む各種割引で300万弱で本体購入可能。(+手数料や税金等々はかかります。)


レビューです。
エクステリア
完全に好みではありません。
せっかくの4枚ドアなので、セダンタイプにして欲しかったです。
しかしエッジのきいたリアは嫌いではありません。

20120903 LEAF2インテリア
薄いグレイを基調とした未来的デザイン。
安っぽさも感じません。(超安っぽいアルテッツァ比)
長期使用では汚れが目立ってくるかも。
ダッシュボードの形状も一体感があってよいのですが、デカイステアリングのお陰でメーター類が見にくい。
収納等々、他の部分はあまり細かく見れてません。


では、センターラインも無い一般道路での試乗です。

まずは始動。
とにかく初めての電気自動車(EV)なので、全てに戸惑います。
キーを持って車に乗り込むと、電源スイッチが赤点灯。これを押すとスタートです。
もちろんセルやエンジンによる振動や音もありませんので走り出せるタイミングがわからないのですが、少し待つとシャラシャラシャラ〜♪と音が流れて、それが合図となります。
個人的にはMP3などで音が変えれたらいいと思うのですが。そしたらドラクエのレベルアップだったり、生き返りの時の音を使いますw
で、モーターに通電できました。
センターコンソールにある押引スイッチを押すとパーキングブレーキが解除、引くと利きます。
アルテのワイヤーを引くサイドブレーキの感覚と違い、少々不安になります。
すべてが電子制御されているのですね。
次にシフトです。
センターコンソールに芳香剤の様な、マウスの様なものがあります。
それがシフトです。
シフト上部には"P"マークがあり、これがパーキングブレーキONにより光ります。
シフトを右に寄せ、手前に引くとDレンジ、奥に押すとRレンジです。
Dレンジの時、再度Dに入れるとECOモードとなり、もう一度入れると解除されます。

さて、出発です。
アクセルを踏むとゆっくりスタート。何の音もしません。
車が小さいので小回り良好です。
加速は、想像以上にすごいです。
シートに張り付く感じがアルテより断然いい!
1.5t以上ある車体を軽々運びます。後にカタログを見るとトルクが28kgもありました!
これには感動!当然だがシフトのショックもなくどこまでも加速できそうな感覚です。
細めの一般道だったので控えめにしましたが、アクセル的にはまだまだ余裕がありました。
一度高速で走ってみたいものです。
これだけ加速しても車内はすごく静かでタイヤのロードノイズくらいしかありませんでした。
(当日はあいにく雨天の為、モーター音などは消されていたかもしれません。)

ECOモードにしてみました。
走り始めの加速が超トロいです。先程と同じ車と思えないくらい。
トルク10kg以下!?って感じ。
一旦走りだすと普通の走行であれば十分だと思われますが、右折時に使用する場合は対向車に対しかなり余裕をもったスタートが必要です。

バックは、視界が狭く感じました。
窓の形状のせいか、Cピラーがデカイのか。。
とにかく視認性が悪いです。

総合的には十分使える車だと思います。
個人的にはEVやHVを小馬鹿にしていた部分がありましたが、見直しました!
むしろチョイ乗りに欲しいくらいです。
課題としては、航続距離と充電時間と充電設備、後は価格かな。
500kmは走れないと実家まで安心して帰れませんし、このクラスの車なら、200〜250万円で販売してほしいですね。


<主要諸元>
サイズ(長幅高)mm:4445*1770*1545
車両重量kg:1520
航続距離km(JC08モード):200
最高出力ps:109
最大トルクkgf・m:28.6

詳しくはリーフwebカタログを御覧ください。